おちんちん見ちゃったドットコム

パーンと鉄砲の音が響いて、あたしは真っ先に駆け出した。
運動会の棒倒し。目指すのは竜平が支えている棒だ。
棒は全部で三本あって、それぞれの棒を男の子たちが三段のピラミッドを作って支えている。

竜平は、二段目の子の肩に乗って、一番上で棒を支えている。
あたしは一番乗りで竜平の棒に到着し、男の子たちをかきわけながら、ピラミッドを登っていった。男の子たちのピラミッドはとてもしっかりしていて、あたしが飛び乗ってもびくともしない。あたしは二番目の子の背中に飛び乗って、さらに上によじ登った。大きく開かれた竜平の足が見える。こういうの仁王立ちっていうのかな、しっかりと棒をつかんで、下を見下ろしている。竜平と目があって、あたしはにやりとした。ようし、みてろよぉ。
六年生の最後の運動会。最後の団体種目は、みんなで考えることになった。
あたしは男女対抗棒倒しがしたい、と提案した。
「棒倒し?男の子だけならいいけど、女の子にはちょっと危険かもな」
先生は目を丸くしてそう言った。
「そんなの男女差別ですぅ。六年生は男の子より女の子のほうが体格もいいし、大丈夫です」
あたしはそう言った。他の女の子もそうだそうだ、と賛成してくれた。男女対抗、と聞いて、男子もけっこう乗ってきて、結局あたしの提案が通った。
でも、ほんとは、これ、他の女の子たちと示し合わせた提案だったんだ。
目的は、もちろん竜平をこらしめること。学年一の暴れん坊の竜平は、おれはスカートめくり王だ、なんて言って、女の子たちのスカートをめくっては、
ブスのきたねぇパンツみちゃったぜ、なんていってる。女の子の敵だ。そこであたしたちは考えた。
六年生最後の運動会で、今までのぶんぜーんぶ仕返しをしようと。
あたしは男の子たちを踏みつけて力いっぱいよじ登った。竜平の腰までようやく手が届く。竜平はあたしの頭を蹴って、下へ落とそうとする。
ひどーい。でも、あたしは負けない。両手で竜平の白い体操服のズボンをつかんだ。いまだぁ。
「わわっ、そんなとこ、つかむなー」
竜平があわてて叫んだ。
「もうおそいよー」
あたしは意味ありげにそう叫び返した。だって、竜平の両手は棒をしっかりつかんでるんだから。抵抗するにはもう遅いよね。あたしは力いっぱい竜平のズボンをパンツごと引きずり下ろした。勢いあまって、ズボンとパンツは足首のところまで下げられ、竜平は下半身丸出しになった。
みーちゃった。竜平のおちんちん。
思ったよりも小さかったけど、小学生の男の子のおちんちんって、こんなもんなのかな。大きさは給食のソーセージくらいか。たまたまは、今日のお弁当にママが作ってくれたおいなりさんみたいだった。
もちろんつるつるで、いつも生意気なこといってるわりには、全然、こどものおちんちんだ。
「わあっ。なにすんだよ。わぁ」
竜平は真っ赤になって叫んだ。観客から大きな笑い声が起こった。わあ、丸見えだよ、とか、脱がされちゃったよ、とか、そんな声があちこちから聞こえる。
「竜平くんのおちんちんばっちしみーちゃった。かわいいんだ」
「直せよぉ。直せぇー。直してよぉー。」
いつもの勢いはなく、最後はお願い口調。それでも棒から手を離せないのが、竜平っていう子なんだな。
「だめだめ。勝負だもん。みんな見てるよぉ」
あたしは竜平のおちんちんの目の前までよじ登ってきて、そう言った。
「直してよぉ、お願いだよぉ」
そう叫びつづける竜平の顔の高さまでよじ登って、あたしは竜平に耳うちした。
「ほうら、下見てごらん。次々の女の子たちが竜平のおちんちん目指してよじ登ってくるよぉ。下から見上げると、どんなふうにみえるんだろうね。みんな他の棒行かないで、こっちばっかり来るよねぇ。」
竜平は目をぱちっと開いて、それから顔全体がまっかっかになった。これは女の子たちからの仕返しだ、って気づいたのかな。
「てめえら、わざとやったな」
竜平はそうすごんだけど、おちんちん丸出しじゃあ、全然凄みがない。
「それに、今日はいったいどれくらいの人が見てるのかなぁ。何百人かなぁ。」
竜平下向いちゃった。でも、下から上ってくる女の子たちと目があって、あわててぷいっと横を向いて、つぶやいた。
「たのむよぉ。ズボン直してよぉ」
そんな簡単にゆるしてあげないってば。
「何しろ小学生最後の運動会だからね。みんなビデオ撮ってるしねぇ」
「お願い。あやまるからさぁ。直して」
あたしは無視して続ける。
「それに最後の運動会って、学校でもビデオ撮影して、タイムカプセルに入れるんだよねぇ。下からビデオを撮影している五年生の女の子には、竜平くんのおちんちんばっちし撮ってねって、言ってあるんだよぉ
竜平は下を向いた。撮影係りの女の子に気がついたようだ。
「年下の女の子におちんちん撮影されるのって恥ずかしいねぇ。しかもそれが記念に残るんだよ。カプセル掘り出す日が楽しみねぇ」
竜平涙目になって、とうとう手を棒から離して、股間を押さえた。
「もーらったぁ」
竜平があわててズボンをはいているうちに、あたしは棒の上までよじ登った。ゆっくりと棒が倒れていくのがわかった。
あたしたちの完全勝利だった。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。