おちんちん見ちゃったドットコム

私の名前は、山本愛美、小学3年生です。今日は、友達、洋子と
優実の3人で近くのプールに遊びに来ました。そんななか、
見なれた人影を見つけました。同じクラスの佐藤勇気君でした。

特には仲良くなかったけど、背がとても低くおとなしい感じの男の子だった。
しかも、佐藤君は水着ではなく、すっぽんぽんで元気に遊んでいた。
どうしようか思ったけど、3人で挨拶しに行ってみようということになった。
「佐藤君」と軽く声をかけたら、佐藤君はビクンとして、後ろを振り向き
「や、山本さん・・・」と幽霊を見たように驚いていた。
その瞬間佐藤君のおちんちんがポロンと現れた。
私たちはつい下に眼が行っていた。
すると、そのことに気がつくとあわてて手で隠した。
すると、「お兄ちゃん」と女の子が近づいてきた。
背が佐藤君よりも高くお姉さんかと思いきや佐藤君の妹らしい。
小学一年生で裕子ちゃんいい、しかも、優実とかなり仲良さそうだった。なんでも遠足で一緒のペアになったらしい。
すると一緒に遊ぼうという話になった。佐藤君は抵抗していたが、押し切られてしまった。
佐藤君は終始恥ずかしそうにもぞもぞしていた。
そんな佐藤君を見ていると、とても可愛らしくていとおしかった。
「どうしたのお兄ちゃん、もぞもぞしていたら余計恥ずかしいよ」
と妹に本気で注意されていた。
「う、うん」と二つ年下の妹にいいようにあしらわれていた。
そんな情けないすがたもすごい可愛かった。
そんななか、妹の裕子ちゃんにも友達と出会った。
そして、今度は裕子ちゃんはその子と遊ぶことになり、
別れることになった。すると、裕子ちゃんは私たちに
「こんな兄ですがよろしくお願いします。」と丁寧にお辞儀された。
「ほら、お兄ちゃんも」といわれると泣きそうで
「よ・・・よろしくお願いします。」と声を絞って言った。
もう私たちは笑わずにはいられなかった。
「はい、わかりました」と引き受けた。すると洋子が
「佐藤君、妹さんは背が高いししっかりしているね、佐藤君もしっかりしないとね」とニヤニヤしていた。
「う、うん」とびくびくしていた。
「まるで佐藤君が弟みたいだったね。おちんちんも小さかったし。」とニヤニヤしていた。佐藤君はまたビクンとしていた。
「そうなの?」と洋子が聞くとなんでも優実の弟のおちんちんよりも小さかったらしい。それを聞くと私は可愛らしく思え、洋子は余計ニヤニヤしていた。さらに洋子はさらに、
「クラスメートの女の子におちんちん丸見えで、恥ずかしいね、しかもかなり小さいもんね」や
「私たち、みんなちゃんと水着着ているのに一人だけ、恥ずかしいすっぽんぽんだよ、大変だねー」といろいろ言葉をかけはじめた。すると佐藤君は余計しゃべらなくなった。
「裕子ちゃんはちゃんと水着着ていたのになんで佐藤君は裸なの?」と優実が聞くと
「水着忘れて・・・」とやっと聞き取れる声で話した。
「そっかー馬鹿だね」と洋子がいうと黙りこくった。
「返事は?」と洋子がいうと、ビクとして「は、はい」と返事をした。
すると佐藤君は、急にトイレに行きたいといい始めた。男子トイレに行ってみると、そこは清掃中だった。しかし、佐藤君は漏らしそうになっていた。
すると、洋子は草むらをさし、「あそこですれば」と諭した。
佐藤君は抵抗したが、半強制的に連れて行き、草むらの前に立たせた。佐藤君はこのときばかりは強く拒否した。すると洋子は強い口調で、
「早く、しなよ」と責めた。
佐藤君ついにグスグスと泣いてしまった。
すると優実は優しく、佐藤君のおちんちんをつかみ、
「ごめんね、佐藤君、洋子怖かったね、大丈夫、大丈夫。わたしがおちんちんもっててあげるからおしっこちーと出してみて。楽になれるよ」と頭をなでて諭した。
まるで赤ちゃんをあやすようで必死に私や洋子は笑いをこらえた。しかし、佐藤君は最後のプライドと言わんばかりにおしっこをこらえてもじもじしていた。すると、洋子は後ろに、回りこみ、「ワッ」と驚かした。すると、佐藤君はビクンとして、力が緩み、
「あ・・・あ」とついにおしっこを漏らしてしまった。かなり我慢していたのかかなり出ていた。私は男の子のおしっこなんて初めてみたのでドキドキだった。洋子や優実はかなりにやにやしていた。
すると「コラー」と怒号が聞こえた。どうやらおしっこしていたのがバレたらしい。私たちは急いで逃げたが、佐藤君は逃げ遅れて、係りのお姉さんに捕まってしまった。そんなところでまた裕子ちゃんに見つかり、裕子ちゃんは代わりに必死で謝っていた。
そんななか佐藤君はなきながらおちんちんをプルプルさせているだけだった。よくみるとすぐ近くに別のトイレがあった。佐藤君のプライドは完全に崩壊していた。それ以来、クラスメートでしたがほとんど話すことなく終わりました。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。