おちんちん見ちゃったドットコム

今から10年位前、わたしが中学1年生の時のお話です。

学校で、恒例の身体検査がありました。
 
でも体調を崩し、わたしはその日学校を欠席しました。
そしたら、後日、検査当日欠席したわたしを含む女子3人と、男子1人の計4人が放課後保健室に呼ばれ行われました。

学校の身体検査で同級生のおちんちんを見ちゃった女の子

30歳くらいの女の保健の先生が行いました。

「これから身体検査を行いますが、中1ならもう男女いっしょとはいきませんので、男子から行います。」

と言いました。 (ここではその男の子をS君とします。) 

そして、

「時間がないからさそっく始めます。」
「S君、服を全部脱いで」と先生が言いました。

S君は「え?」と言いながらも、私達女子と先生が見てる前で恥ずかしそうに服を脱ぎ始めました。

パンツ一枚になった時、先生がら信じられない言葉を聞きました。

「パンツもでしょう。腹囲、胴囲を測る時、邪魔になるから」って。 

私達は、『まさか!』って思いました。
 
パンツもって言うことは!

先生の言うことには逆らえず、S君は私達に背中を向けしぶしぶパンツを脱ぎました。
S君の真っ白くカワイイお尻が姿を現しました。

私達は心の中で『ヤッター』と叫びました。
前も見えないかな~って思っていると、やがてその願いも叶うことになりました。

その後S君は、両手でしっかりアソコを隠してましたが、身長計にのった時です。

先生が
「そんなに前かがみになっていたら正確な身長が測れないでしょう。背筋を伸ばし、胸を張り、両手はきおつけの位置でしょう。」と言いました。

S君がもじもじしていると、先生が、

「男の子なんだから、恥ずかしくないでしょ、見られたって。」と言いました。 

今にして思えばまさに、『魔法の言葉です。』

逆らえないS君は、隠していた両手をゆっくりととり、きおつけの位置までもっていきました。
その瞬間、S君の白くカワイイ、オチンチンが私達の前にその姿を現わしました。

「えっ?まさか?マジ?」そんな思いでした。

クラスの男の子のアソコを見れるなんて、夢のようでしたから。

3人の女子の内一人はアソコを指差し大笑い、もう一人は両手で恥ずかしそうに顔を隠しながらも、指と指の間からしっかり見てました。

また先生も、S君の前にしゃがんで、ガン見してました。

こうしてS君は終わるまで隠すことも許されず、私たちに見せてくれました。

その時は、あまりにも嬉しくてS君のことなんかまったく考えませんでしたが、今思えばS君に悪いことをしたと思っています。

1%も可能性がないとは思いますが、もし、S君、これを読んでいたら謝ります。

あの時は本当にごめんなさい。 そして、ありがとう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。